読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京育ちが地方に住むということ

東京生まれ東京育ちですが、今後は静岡県に住むことになります。東京育ちが地方に住むときに感じたギャップや、働き方などを中心につらつらと書いていきます。

京都にも負けてない!浜松の龍潭寺が最高の癒やしスポットだった


人気ブログランキングへ

2017年の大河ドラマ「女城主 井伊直虎」のゆかりの地、龍潭寺

来年の大河ドラマは「井伊直虎」だそうですね。 井伊直虎は、名前からは想像できませんが、女性の領主様です。 ドラマでは、柴咲コウが演じるそうですね。楽しみ!

そんな来年の大河ドラマの舞台は、浜松

これを機に、ぜひ浜松をアピールして、たくさんの観光客に浜松の良さを知って欲しいですね。 といっても、私も浜松歴は浅いので、井伊直虎の舞台になるようなところにはいったことがありませんでした。

そこで、この間ずっと気になっていた龍潭寺というお寺に行ってきたので、今回はその紹介をしようと思います!

浜松の観光地を調べたり、浜松出身の人におすすめスポットを聞くと、必ず名前があがるのが龍潭寺です。 お庭がきれいなお寺とのことですが、どれほどのものなのか、実際に見てきた写真といっしょにご紹介します。

【スポンサーリンク】

夏空の下、懐かしい気分を味わえる龍潭寺

拝観料は大人1人500円。 建物の中はそんなに広くはないのですが、時間の流れがゆっくりになっているように感じるせいか、1時間くらいかけてのんびりと楽しむことができました!

年季の入った木の重みを感じつつ、暑い夏の青空の下、気持ちの良い風が吹き抜けるだけで、忙しい日常から逃避することができます。 写真は、鶯張りの廊下といって、あるくと音がなるので、その音も感じつつゆっくり歩くのがおすすめです。

内装もとっても立派です。広い空間をうまくいかしつつ、綺麗に配置してあり、手入れもきちんとしてあるかんじがしました。

開け放してあるお寺の中からは、入ってすぐに綺麗なお庭が見えます。 こんなに素敵で心惹かれるのですが、これはまだまだメインのお庭ではないそうです。

ゆっくりのんびりと龍潭寺を進んでいると、徐々にメインのお庭が見えてきます。 写真の上の方に背の高い木々が写っていると思いますが、真っ青な空のコントラストと風になびくその様がとっても素敵で、トトロの世界観を思い出してしまいます。 私は龍潭寺の中で、ここからの景色が市場好きでした!

そして、こちらがメインのお庭です!! iPhoneでとった写真だけではまったく伝わらないのが残念すぎますが、実際に行ってみるととっても和みます。 決して派手ではないですが、とっても落ち着くお庭です。

お庭は、ぼーっと眺められるように、縁側に長座布団がひいてあって、そこに座ってお庭を眺められるようになっています。 まだまだ暑さの残る夏の日、青い空と濃い緑がまぶしく、風が吹きぬけるのを感じながらぼーっと眺めるきれいなお庭。 最高すぎでした。

みなさんも、ぜひ一度行ってみることをおすすめします!! 京都のお寺が好きだという人は、絶対龍潭寺も好きなはずです!

日々の忙しさから離れるためには、自然を感じるのが一番いい

お寺のお庭なんか見て満足するなんて、年寄りかと言われそうな気もしますが、日常生活でスマホやパソコンをいじっていたり、膨大な情報を処理している現代人にとって、こういう時間がゆっくり流れるような空間というのはとっても癒やしになります。

ストレスが溜まっていたりして、自分では気づかないうちに身体に力が入っていたり、呼吸が浅くなっていたりすると思います。そんな人も、こういうゆっくりと時間が流れる場所では、きっと深呼吸をしたり、何も考えないで風をかんじたりすることで、自然と体の力が抜けてリフレッシュができることでしょう。

浜松は観光地としてはあまり有名ではありませんが、実は地元の人しか知らないような素晴らしい観光地がたくさんあります。 来年の大河ドラマをきっかけに、ぜひ浜松に遊びに来てくれる人が増えるとうれしいですね!

【関連記事】

locallife.hatenablog.jp