読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京育ちが地方に住むということ

東京生まれ東京育ちですが、今後は静岡県に住むことになります。東京育ちが地方に住むときに感じたギャップや、働き方などを中心につらつらと書いていきます。

激務すぎて休日は寝るだけだった人が、仕事の重圧から解放されるとどうなるのか


人気ブログランキングへ

残業中のサラリーマン

体力がもたずに休日は寝るだけの日々

ベンチャーに勤めていたときは毎日が激務で、常に時間との戦いだし、タスクはさばいてもさばいても増え続けるし、帰る時間も遅くて毎日家には寝に帰るだけの日々をすごしていました。

行きも帰りも満員電車に揺られる日々。 ごはんも、基本はコンビニやスーパー、お弁当屋さんで買って帰るのが当たり前でした。だって、作る時間も余裕もないんですから。

そんな生活をしていると、休日は必然的に寝て過ごすことになりましたね。 用事がない土日は最高!ひたすら、眠れなくなるまで寝続けてました。

本当なら、平日は家と会社の往復だけなので、休日くらいはどこかにいきたかったりもするのですが、そんな体力もなく。寝ることがもったいないとも感じないほど、身体を休めることが最優先事項でした。

もし元気だったら、買い物にいきたいなーとか、映画見たいなーとか、お天気のいい日にはお散歩にいきたいなーとか、やりたいことはいろいろあったんです。 でも、残念ながらそれを実行する体力がありませんでした。

【スポンサーリンク】

激務を経験した人が仕事の重圧から解放されると

激務すぎて身体がついていかず、精神的に病んできたことや、ちょうど結婚の話がでたこともあり、私はうまい具合に転職することができました。

前の会社に比べたら、今の会社はゆとり会社。残業してる人も多いですが、前職と違って、時間の流れが非常に遅い。前は30分単位で事が進んでいたのですが、今は大きく1日単位でやっと前に進むようなスピード感です。 そんな会社だからこそ、私はまったく残業しなくても仕事をまわせるようになりました。

今も、18時ごろには毎日家にいます。 前職の時は家につくのが22時半とか23時とかだったのですが、今では平日の夜に自分の時間を持てるようになりました!

平日夜って、意外といろいろできるんですね。 晩御飯を作ったり、洗濯物を畳んだりという家事だけでなく、スポーツジムに通ったり、習い事をしたりも平日にできるようになりました。土日も、天気のいい日は家の周りをお散歩したりと、全体的に充実した、人間らしい生活を送っています。

ただ、逆に新しい悩みもでてきました。本当に前の自分からしたら贅沢すぎる悩みなのですが…

正直、何していいかわからない。笑

平日の夜も、仕事の後に自分の時間を楽しめているので、土日に終日予定がないときなんかは、逆に何していいかわからなくなるのです。

激務の時に思い描いていたことも、だいたい平日にやりきっちゃえます。 しかも、冬は寒くて外に出かけたくなかったり、今は節約が目標だったりするので下手にお金を使うこともしたくなかったしもします。

この間までは、仕事の一環として資格の勉強をしてたのでなんとか時間をつぶせましたが、それも無くなった今、急にやる事がないことに気づきました。

暇すぎると逆に働きたくなる

自分の性格上、スケジュールは常に埋めておきたいのですが、遠方に引越ししてからというもの、近くに昔馴染みの友達がいるわけでもないため、なかなか遊びの予定もいれられません。

しかも、今は節約が目標だということや、体力も昔よりもかなり余っていることを考えても、一周回ってもっと働きたくなったりもしています。

今まで激務で何もできなかった人というのは、休日の過ごし方を寝る以外には思いつかなかったりします。思いっきり寝たり、やりたいことをやるなんて、半年もすればだんだん欲が満たされてくるんですよね。 そうすると、暇つぶしがてら、もう少し働いてもいいかな?と思えてくる。

なんとも不思議なかんじですね。働きたくないと散々いいながら、実際に働かなくなるとやっぱりもっと働きたいと思ってくる。 無駄に残業したいわけではないですが、仕事でも充実感を得たいのかもしれません。もっと自分の時間を有効活用したいというか、今は遊びよりもなにか達成感を得られるようなことがしたい感じです。

激務すぎて休日は寝るだけの生活よりは、今みたいに仕事の重圧から解放されて適度に働くほうが断然良いので、もし仕事の重圧から逃げ出したい人は、ひとまず逃げてみることを強くおすすめします。その後で、思う存分やりたいことをやって、私みたいに何をすればいいかわからない状態になったら、また本腰をいれて働き始めるのがいいんじゃないかなと思います。

【関連記事】

locallife.hatenablog.jp

locallife.hatenablog.jp