読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京育ちが地方に住むということ

東京生まれ東京育ちですが、今後は静岡県に住むことになります。東京育ちが地方に住むときに感じたギャップや、働き方などを中心につらつらと書いていきます。

結婚1周年記念!1年間で学んだ結婚生活のコツ


人気ブログランキングへ

プレゼントとワイン

入籍してから一年の節目

去年入籍してから、ちょうど1年が経ちました。 新婚なんて、ラブラブで今が一番楽しいときでしょなんて周りからはよく言われましたが、入籍するまでに5年以上付き合っていたので、良いのか悪いのか、いわゆるな新婚生活ではなかったですね。笑

新婚生活は最初の3ヶ月まではラブラブで、あとは冷え切った関係が続くという話も聞くので、そうならないだけ良かったのかもしれません。

それでも、この一年でいろいろありました。

  • 見知らぬ土地への引越し
  • 転職
  • 改姓の違和感
  • 結婚式の準備
  • 旦那のご家族との付き合い

大きいことだけあげても、これだけいろんな変化がありました。

改めて、そんな変化がある中で、どうやってうまく新婚生活を続けてきたのか、一年を振り返ってみたいと思います。

【スポンサーリンク】

大事なのは余裕があるかどうか

入籍してすぐは、見知らぬ土地への引越し&転職&改姓ということで、不安ばかりで毎日メソメソしてました。 このときは、基本的には旦那が私をなだめ、なんとか寂しさに耐えている弱い時期でした。

でも、人間はやはり慣れる生き物ですね。不思議なことに、3ヶ月もするとだんだん新しい環境にも慣れてきて、余裕が生まれてきました。

その後、徐々に結婚式の準備を始めましたが、これがまた大変! 結婚式は東京であげようとしていたので、打ち合わせのたびに新幹線での往復。 交通費も高いし、毎回泊りがけになるので何度も行けない。 結局、できる限り詰め込んだスケジュールでの準備が必要となりました。

結婚式は自分たちのものだけじゃなく、両家の考えの違いなどもあっていろいろと揉めたりもします。それだけでもストレスなのに、平気で100万200万と準備を進めれば進めるほど高額な費用がかかってきたりもして、精神的にかなり削られました。

このあたりが一番最悪でしたね。笑

喧嘩もするし、イライラするし、ストレスも半端ない。 結婚式の準備以外にも、仕事も家事もとやることがたくさんあり、もういっぱいいっぱいでした。

正直このときは、相手のことを思いやる余裕はなかったですね。なんでやってくれないの?なんで私ばっかりやってるの?そんな考えになってました。 そうすると、やはり相手にも伝わるのか、相手も疲弊していく。 悪循環ですね。

そして、なんだかんだ結婚式が終わり、その後またゆとりが生まれました。このときは、特に問題はなし。

最近問題があったのは、私が資格の試験を受けていたときです。仕事も家事もしながら資格の勉強をしなければならず、勉強以外のことはいろいろと最低限のことしかやっていなかったのですが、あとあと旦那に聞いてみると、それが実はちょっと嫌だなと思っていたそう。こちらとしても、こっちは勉強でがんばっているんだからもうちょっとフォローしてくれてもと思ってしまったりもしました。

そして無事資格も合格して今に至るのですが、最近は残業が多い旦那のフォローの意味も込めて、家事全般はほとんど私でやるようになってます。 また私が何かを始めたらそのバランスは変わるのかもしれないですが、やっぱり余裕があるときは相手のことを考えて、何かしてあげようと思ったりもしますよね。

そういう余裕があると、自然と喧嘩はなくなります。 一年通してみても、あまり良くない状態のときはだいたい余裕がないときです。 余裕があることで、初めて相手のことを考えて、共同生活がうまくいくんだろうなと実感しています。

ある程度の自由は必要

いろんな夫婦の話も聞いたりしますが、うちは意外と自由度も高いのかなという感じもします。

例えば、うちにお小遣い制度はありません。自己責任で自由に使って良しとしています。ただし、一万円以上の買い物をする場合は、いつの間にかお互い事前に相談したりする習慣がついてたりもします。ここはどちらからともなく始まったことなので、単純におもいやりでやってるだけです。

友達と遊んだり、旅行にいったりするのも自由です。私も旦那も、一緒にどこかにいくこともありますが、それぞれの友達と別々に遊ぶことも多いです。 あらかじめお互いのカレンダーを共有しているので、明日はいないよとか連絡しなくてもお互いのスケジュールが把握できたりもします。

かといって、お互い全く干渉しないかというとそうでもなく、どこか行きたいところがあれば一緒に行ったり、食材の買い出しにスーパーに行くのも毎回一緒にいったりしています。

付かず離れずな感じですね。 旦那の親族の方からも、結婚の際にお手紙をいただき、お互い自分の時間を持つことが大事とのお言葉がありました。 本当に、その通りだと思います。

もう恋人でもないし、これからも一緒に生活していく家族なので、余裕を持って、自由に生きていける環境を作っていく必要がありますね。

この一年は問題ありませんでしたが、またそのうち子供を産む時とかにはまた喧嘩もするしイライラもするのでしょう。笑

また少しずつ、折り合いのつけかたを勉強していこうと思います。

【関連記事】

locallife.hatenablog.jp