読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京育ちが地方に住むということ

東京生まれ東京育ちですが、今後は静岡県に住むことになります。東京育ちが地方に住むときに感じたギャップや、働き方などを中心につらつらと書いていきます。

婚約指輪はどうやってえらぶ?


人気ブログランキングへ

指輪をはめる男性

やっとできた婚約指輪

先日、やっと婚約指輪が完成しました!

私の場合、プロポーズの際にパカッとやってもらったわけではなかったので、二人で一緒に選ぶことになりました。最近デートがマンネリ化し始めたところだったので、しばらくはデート=指輪探しというかんじで楽しんで探しました。

ただ、いろんなお店をみているうちに、どのお店の指輪もキラッキラしていて、デザインも似ていて、何が違うかわからない!という状態にも陥りました。 結局いろんなお店の店員さんにいろんな情報を教えてもらってなんとか決めたという感じです。

どうやって選んだか、参考になればと思います。

【スポンサーリンク】

婚約指輪の選び方

婚約指輪の相場

婚約指輪を売っているお店を見てみると、どれもとにかく高い!

安くても10万円だったり、高いのだと500万円とかもあったりしますよね。 普段そんなに高い指輪をアクセサリーとして買わない自分としては、もう高すぎてどのくらいが相場なのかまったくわかりませんでした。

そこで、ネットで情報収集をしてみました。 すると、相場は意外と半分以上の人が30万円以下という結果に。給料3ヶ月分というのはバブルな時代のみだったのでしょうか。給料一ヶ月分くらいが妥当になっているようですね。 wedding.mynavi.jp

私はもらう側なのでよくわかりませんが、男同士の中では「婚約指輪いくらの買った?」みたいな会話は繰り広げられるのでしょうか? 見栄とかもあって高いものを買いたくなる人もいるのかもしれませんが、今後の生活もありますし、周りの意見より彼女が気にいるものを買ってあげれば値段はある意味どうでも良いと思います。

有名な4Cとは?

婚約指輪を探すときに、4Cは知っていますか?と必ず聞かれます。 それぞれ、下記のようなかんじです。

  • Carat(カラット:大きさ)
  • Color(カラー:色)
  • Clarity(クラリティ:ダイヤモンドのキズや内包物の大きさ・量 ・位置に関する評価)
  • Cut(カット:ダイヤモンドのプロポーションの評価)

www.your-diamond.net

カラットはよく聞くと思います。ダイヤの大きさですね。 よく有名人がものすごく大きなダイヤの指輪を見せて会見を開いているイメージがありますが、一般人の平均は0.2ct ~ 0.3ctくらいのようです。お店の人からも、そのくらいが多いと聞きました。

カラーに関しては、評価はDiyamondのDからはじまり、D・E・Fは「無色」、G・H・I・Jは「ほぼ無色」、K・L・Mは「僅かな色味」N以降は非常に薄い色、または薄い黄色という評価だそうです。 婚約指輪はできれば無色が良いとのことなので、D・E・Fが検討範囲にはいるのですが、D・E・Fは見た目では本当に違いがわからないです。DとEを比べると微妙にEが黄色い…かな?くらいですし、普段は単体で指輪として使うので、本当にプロにしかぱっと見てカラーの評価がどのくらいかはわからないと思います。少なくとも、私はわかりませんでしたw

クラリティは一番むずかしいと思います。というか、これはカットと一緒に考えたほうが良いですね。 クラリティとカットは、ダイヤモンドの輝きに一番関係するそうです。ざっくり言うと、ダイヤを光にかざして動かしたときにキラキラするあのかんじが、より細かく繊細に反射しているのがクラリティやカットが良いものというかんじだそうです。 これも、私にはあまりわかりませんでしたw  初心者にとっては、比べてみて、気持ちこっちのほうがキラキラが細かい?くらいの違いです。

ダイヤの選び方

ダイヤを選ぶときにどれを重視するかで、それぞれどの評価を選ぶかが変わってきます。

とにかく大きいのがいい!という人は、好みの大きさのカラットを選び、そこから予算と相談しつつその他のクオリティをあげられるだけ上げるというのが良いそうです。

無色じゃないとありえない!という人は、まずはカラーをDに設定して、そこからクラリティやカットと、大きさを選ぶのが良いと思います。

そして、ダイヤモンドで重要なのは輝きだ!という人は、カットとクラリティを重視しましょう。私はこのタイプだったので、ちょっと詳しく説明します。

カットのクオリティによっては、どんなに高価で完璧なダイヤモンドも、価値の無いダイヤに仕上がるそうです。そのくらいカットというものは重要ということです。 カットには、3 Excellent(トリプルエクセレント)、Excellent、Very Goodという評価があります。もちろん3 Excellentが一番良いカットと言われるのですが、これだけでは良いカットとはいえないそうです。本当に良いカットにはハートアンドキューピッドという模様が見えるそうです。 www.brilliance.co.jp

ただ、3Exellentでハートアンドキューピッドが見えても、それだけでも輝きとしてはダメだそうです。そこに関係してくるのがクラリティ。より輝くということは、ダイヤのなかで全反射が起こりやすいということ。クラリティとは、ダイヤモンドのキズや内包物の大きさ・量 ・位置に関する評価ですから、クラリティが低いと反射する際に邪魔になるものが多く、綺麗に全反射してくれないそうです。

クラリティはVVS1、VVS2、VS1、VS2というのが一般的な婚約指輪なので、輝きにこだわる人は、クラリティはVVS1で、カットも3Excellentのものにするのが良いと思います。 その代わり、お値段がけっこういってしまうので、カラットは小さくするなどして調整しましょう。

4Cの中で一番違いがでるところは?

私の個人的な感想ですが、お店ごとに一番違いがでるところはカットだと思います。

というのも、お店の人に聞いて気づいたのですが、カラットもカラーもクラリティも、自然界でたまたま発生したもので、人間の力ではコントロールできないものだそうですが、カットは唯一人の手が加わった評価だからというためです。

これを聞いた時、私は確かに!とすごく腹落ちしました。 じゃあもうカット技術が一番高いところにしようと。笑

そんな私はTHE LAZARE DIAMONDで購入しました! もともとは3Cだったダイヤモンドの評価にカットという評価を加え、4Cを提唱したのがラザールさんだということだったので、それじゃあ安心して任せられるということでここにしました。

ちなみにラザールでは、3Excellentの上をいく Ideal Makeというカットがありました。 実際にどういう違いがあるのかは正直あまりわかっていませんが、カットにこだわりたい私としてはとても魅力的だったのです。

婚約指輪は彼女が喜ぶものを

値段とか、4Cとかいろいろ話してきましたが、結局は彼女が喜べば何でも良いんじゃないでしょうか。笑

見栄も守りつつ、今後の生活費も考えつつ、でもつけるのは彼女ですから、一番は彼女の意向を優先させてあげてください。 パカッをしたい人も、後でデザインを変えられるサービスもあるそうなので、ぜひそういうのも利用してみると良いんじゃないでしょうか?

高い買い物ですが、後悔のないように良いものを買ってください^ ^

【スポンサーリンク】