読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京育ちが地方に住むということ

東京生まれ東京育ちですが、今後は静岡県に住むことになります。東京育ちが地方に住むときに感じたギャップや、働き方などを中心につらつらと書いていきます。

地方に転職したいなら、直接自分で探したほうが早い


人気ブログランキングへ

サラリーマン

地方への転職は、転職エージェントに任せないほうが良い

ずっと東京で就職活動をやってきた私にとって、地方への転職は初めての経験でした。 東京でのやり方が通じず、なかなか思うようにならないことも多かったです。

それを一番感じたのは、転職エージェントでした。

「転職するなら◯◯」といったCMをよく見ていたので、とりあえず何から始めればいいかわからずに転職エージェントにいくつか登録しましたが、ほぼ全滅。 理由は、求人数が少ないから。 静岡県に絞っても予想以上に少ないのに、浜松市までしぼったら2,3件しかないというエージェントもいました。

エージェントに関して、詳しくは過去記事に書いてあるので、そちらを参照してください。 locallife.hatenablog.jp

情報がないなら自分でとりにいくしかない

地方への転職は、予想以上に情報がありません。 その土地に住んでいて土地勘があればまだしも、どんな企業があってどんな地域の特徴があるなんて、何も知らない状態からのスタートです。

情報社会といえど、ググってもほぼ何もでてきません。でてきたとしても、中学の頃によく見かけたデザインのHPがチラホラあるだけ。信用度はとても低いです。 でもあきらめるわけには行きません。そこで働くしかないのですから。

では、どうするか?自分で情報をとりにいくしかないです。

転職エージェント等のサービスは、何もしなくてもこちらに情報が送られてくるようなサービスです。でも、地方への転職はそれじゃうまくいかない。だってその企業も情報をもっていないのですから。 情報社会をうまく利用すれば、自分で情報をとりにいくのも昔よりは非常に簡単です。

ただ、大手企業とベンチャー企業でアプローチの仕方は違うと思いますので、それぞれ分けて考えてみましょう。

【スポンサーリンク】

大手企業で働きたい場合は転職フェアで支社をねらう

大手企業の本社はだいたい都心に集まっていると思います。東京、大阪、名古屋あたりが中心でしょうか? 静岡県に住むという条件があるので、この際本社かどうかはおいておきましょう。 狙うは、大手企業の地方支社です。

東京にいながら地方支社を狙う方法としては、転職フェアがとても有力です。 会社の人の生の声も聞けつつ、支社の募集状況まで意外と聞き出せたりします。

私がよく見ていたフェアはこのあたりです。

doda.jp

next.rikunabi.com

@typeエンジニア転職フェア - 2017年4月15日(土)開催│転職@type

tenshoku.mynavi.jp

shizuoka-de2017.com

まず転職フェアにいくと、各ブースの詳細情報が書かれた冊子をもらいます。 大きい転職フェアだと、どこに支社があるかの情報も書かれていることが多いです。

まず索引ページで東海地方に支社のある会社を探してチェックを入れていきます。 各会社の紹介ページに「静岡」というキーワードがあれば突撃しますし、時間があれば書いてない会社にもとりあえず聞きに行きます。 やり方としては、これだけです。

大規模な転職フェアでも、静岡に支社のある会社は3,4社くらいでしょう。 そのうち、一部は募集していなかったり、自分の職種にあわない会社もあったりします。 それでも、顔を売ることは大事。 まずは話しかけて、静岡で募集をしていないか聞いて回ります。

1社でもヒットすれば儲けもの。そこからとりあえず会社見学に来ないかと誘われたりします。そうしたら、もう普通に面接を受けて転職活動を進めていくだけです。

たった1社かよと思わないでください。それだけ情報も少ないのですから。東京にいながら静岡の会社を見つけられると、面接も東京で受けさせてもらえたり、うまく本社から口を利いてくれたりもするので、けっこうお得だと思います。 フェアに行くとQuoカードももらえたりして、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますしね。

転職サービスを使って求人検索をしてでてこなくても、直接聞いてみると募集してるという話になったりするので、検索してでてこないからといって諦めず、転職フェアに足を運んでみてください。

ベンチャーに行く場合は今時のサービスを利用する

ベンチャーはお金がありません。 というか、採用に大金をかけられる余裕がありません。 そのかわり、ベンチャーには情報収集能力が高いです。そのため、リクルートやマイナビのサービスに頼って大金をはたくよりは、最近流行り始めている無料のサービスにイベントの情報を出すことが多いです。

しかもベンチャーだと、ちゃんとしたフェアで知り合わなくても、友達の紹介とか、イベントでたまたま知りあったとかで十分採用候補となります。

例えば転職サービスなら、paizaとかGreenとか。

paiza.jp

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

イベントならATNDとかPeatixとか。

atnd.org peatix.com

今時のサービスなんて、調べればいっぱい出てきます。 Facebookだってなんだって、使えるもの全部つかって直接ベンチャーの人に会いに行きましょう。

静岡でベンチャーをやっている人に会えるかもしれませんし、リモートで仕事をさせてくれる東京の会社だって捕まると思います。 ベンチャーの採用は、とにかく仲良くなったもん勝ち。自分の実力をアピールしつつ、積極的に人に会いに行きましょう!

それでも不安という人はエージェントも併用

地方に転職する場合は、転職エージェントはあまり使えないといいましたが、その地方の転職エージェントがあればそれも併用しましょう。 そうすることで、その人達しか知らない裏情報も教えてもらえます。

静岡の場合はリージョナルキャリア静岡でしょうか? このリージョナルキャリアというグループは他の地方もそれぞれ強い方たちがいるようですので、調べてみると良いと思います。

知らない土地への転職活動は本当に予想以上に大変ですが、諦めず、積極的に自分で情報を取りに行ってください!

【スポンサーリンク】