読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京育ちが地方に住むということ

東京生まれ東京育ちですが、今後は静岡県に住むことになります。東京育ちが地方に住むときに感じたギャップや、働き方などを中心につらつらと書いていきます。

資格は何のために取るの?資格をもっていたほうが良い理由とは

教室の風景

祝!簿記2級合格!

先週、簿記2級の資格試験があったのですが、見事合格しました! いやー、うれしい!!

何がうれしいって、もう簿記の勉強をしなくていいところですよね笑

今回の簿記は、正直言って業務にはまるで関係がなく、会社として資格の取得を推奨してるから受けただけだったりします。受けたところで昇給するわけでもないのですが、会社としては毎年なにか資格を取得することを推奨してるので受けなきゃいけない雰囲気があったりしたので受けた感じです。

そもそも何でそんなにやる気がないかというと、個人的に資格を取る必要性をあんまり感じていないせいでもあります。

もともと、大学で情報工学を専攻していた関係もあり、応用情報処理技術者の資格をもっているのですが、これがほとんど使えない。 就職や転職で使えることがあるというからとりあえずとったくらいな感じなのですが、ITベンチャーでエンジニアをしていたときには、何にも役にたちませんでしたね。

www.jitec.ipa.go.jp 一応、国家試験なんですけどね。

資格をもってるから就活が有利だったわけでも、業務で活用できたわけでもなく、いわゆる学問的な知識が身につくだけで、実用的ではない資格なのです。 だからこそ、ベンチャーにいたときは資格を取れなんて一言も言われませんでしたし、資格の勉強するくらいなら業務で使える最新知識を身につけろというかんじでした。 私も、そのほうがより仕事で活躍しやすくなるのではと思っています。

ただ、浜松に転職したときには、意外とこの資格が目をひいたらしく、いろんな人からすごい!と言われました。 正直、情報工学科出身の人なら2週間くらい勉強すれば受かるレベルでなにもすごくはないのですが、地方の企業ではまだ資格をもっているということはある程度ステータスのようです。

【スポンサーリンク】

なぜ資格をとる必要があるのか?

資格だけとっても、日常生活でなにも役にたちません。 本当に業務で活かすために資格をとるのであれば、なぜそうなるのかという細かい部分まで突き詰めて理解していく必要があります。 今回は業務でも使わないし、直近で必要性を感じていなかったので、私は「合格するための勉強」をしました。

よく「成績がいい人=仕事ができる人」ではないとか、「成績がいい人=地頭が良い人」ではないとかいいますよね。 学校や資格の試験の勉強方法と、勉強している内容を活用できるようになる勉強方法は、全然違います。

業務で使うような人は、その資格の本質を理解しなければいけませんが、私のようにとりあえず受かることが目標の人は、合格するための勉強をすればいいのです。

そんなやり方でも受かってしまうのだから、なぜ資格をとる必要があるのか、疑問に思うのも無理ないですよね。だって、資格をもっているからといって、その分野に精通しているわけでもないのですから。

ただ、最近ある人から聞いた話で、納得したことがあります。

”資格をもっていることで、自分の能力を証明することができる”

資格をもっていない場合、どんなにその分野に精通した優秀な人でも、わかりやすい業績などがない限りは本当に優秀な人かは一緒に仕事をしないとわかりませんよね。でも、資格があることで、最低限そのレベルまでの知識はあるという証明になるのです。 資格は、いわばひとつの業績となるのです。

地方の企業や大手企業だけかもしれませんが、未だに資格の取得状況にこだわるのも、そのためかもしれません。

大人だからこそ!資格を勉強するメリット

資格によっては、もっていないと業務ができないというものもあります。 そういうものはもちろん取るメリットはありますが、そうではない資格(業務に必須ではない資格)のメリットとは何でしょうか?

先程述べた「能力の証明」という理由以外にも、もうひとつ、資格の勉強をすることにはメリットがあります。

それは、脳のトレーニングです。

大人になると、何かを暗記したり、体系的に学んだりということがほとんどなくなりますよね。 学校では当たり前に使っていた脳のある部分が、社会人になると全く使わなくなったりします。 そうすると、記憶力だったり、思考力だったり、いろんな能力がだんだんと衰えてくるのです。

学校で勉強したときに使っていた脳を再び活性化させるためにも、資格の勉強は有効だったりします。 日常では暗記をする機会がなくても、資格の勉強をすれば必然的に暗記を強いられることになるからです。

もちろん勉強して資格に合格することが一番大事だと思いますが、意外と勉強の時点でも副次的な効果があったりするんですよね。 そう考えると、やっぱりたまには資格の勉強をしてやってもいいかなと思ったりもする今日この頃です。

【スポンサーリンク】

先取り貯蓄よりも効果あり?貯金を増やしたいならお金を使わない日をつくろう!

豚の貯金箱とお金

貯金年100万円は意外と簡単

社会人一年目のとき、学生時代よりも使えるお金が増えたせいで、毎月のように日帰り温泉だ飲み会だと遊びまわっていたのですが、半年くらいたって、いつの間にか貯金が減っていることに気づきました。 こんなに稼いでるはずなのになんで?と思い、知り合いに勧められてMoneytreeというアプリで家計簿をつけることにしました。

moneytree.jp

2ヶ月くらいたってわかったのは、毎月の旅行と飲み会代だけでものすごくお金をつかっていたということ。仕事が激務でストレスが溜まっているからと言い訳して、使いたい放題使っていたんですね。 でも、それからちょっと自制してみると、みるみるうちにお金が貯まっていきました!

そこから貯金にはまり、いろんな情報を集めてくるように。本格的に貯金を初めて3年ほど経ちますが、ようやく貯め方が身体に染み付いてきたかんじがします。

よく貯金をするためのはじめの一歩と言われるのが、初心者は家計簿をつけて現状を把握しましょうということ。私の場合、ずぼらでなかなか家計簿が続かなかったのですが、Moneytreeにしてからは、カードを使っていれば自動で家計簿が記録されていく便利な機能があったので、まったく負担にならずに家計簿をつけられるようになりました!MoneyForwardや他の有名なアプリもいろいろ試してみましたが、私はMoneytreeのデザインが一番好きで、これを愛用してます。

そして、その後のステップとして言われているのが、

収入-支出=貯金

ではなく

収入-貯金=支出

と考えましょうということ。 これは、給料がはいってそのお金を使い、残った金額を貯金してるから貯まらないのであって、入ってきた給料から貯金したい分を引き、残りで生活すれば強制的に貯められるということです。

銀行では、自動積立の仕組みを使って定期預金に預けることで、毎月一定額を給料口座から自動的に貯金することができます。 定期預金のお金はATMとかでは引き出せず、下ろすためにはわざわざ銀行で手続きしなければいけないので、必然的に貯まっていくのです。

私も家計簿をつけ始めた後、この自動積立を設定して定期預金を使い始めました。最初は2万ずつ。そこから余裕が出てきたら金額を大きくし、最終的には月7万円まで定期預金で貯金していました。 残業が忙しくて使ってる余裕がなかったのもありますが、やはり貯金を先にしておくと使えるお金が少なくて、その中で生活しようとして自然と節約しちゃいましたね。

結果、新卒時代でも年間100万円近く貯めることがでしました!新卒のときはボーナスがでなかったのですが、それでも100万円貯めることができたんです。100万円って、貯金の仕組みを作ってしまえば、意外と貯めるのは難しくない金額なんですよね。

【スポンサーリンク】

もっとたくさん貯めたいと思ったら

先程ご紹介した先取り貯蓄は、正直初心者向けだと私は思ってます。 貯金癖というか、節約癖さえちゃんとついてくれば、先取り貯蓄をしなくても当たり前のようにお金は貯まっていきます。

そんな中級者向けによく書いてある節約方法としては、

  1. MVNOにして携帯電話の月額利用料を下げる
  2. 家賃が安いところに引っ越す
  3. 保険を見直す
  4. スポーツクラブや定期購読などを解約する

というようなこと。

中級者になると、今度は固定費を減らしましょうという作戦に移ります。 私の場合も、雑誌の定期購読をやめ、携帯もMVNOに切り替えました。 固定費って、毎月必ずでていくお金なので、できるだけ安くした方が効果があるんですよね。

でも、家計簿を分析しながら固定費を削っていくと、やはり最後に残るのは毎月の変動費。毎月何にお金をつかっているのかというのは、この変動費によってもかなり左右されます。食費に毎月いくらかかってる、交際費が今月は高かった、冠婚葬祭で今月は厳しいなど、結局最後に残るのは変動費についてなんです。

では、変動費を下げるにはどうすればいいか? 当たり前すぎるのか、これがなかなか書いてないんですよね。いろんな人のブログや記事を見ても、上述の初心者向け、中級者向けばかりが書いてあって、その先がなかなか見つけられなかったんです。

そこで自分でいろいろ試して考え抜いた結果、ひとつの結論をだしました!

初心者、中級者を超えた後、次に目指すべきは

お金を使わない日を作ること!

最終的に行き着いた結論はこれです。笑

お金を使わなければ貯金は増える

当たり前だろ!とつっこみが来そうですが、改めて考えてみましょう。

初心者の段階でも、毎日通うコンビニをやめましょうとか言われます。でもこれだけじゃ、貯金は増えないんです。初心者向け、中級者向けのやり方を実践して、はじめてお金を使わないことでさらなる効果が得られるのです。

私も、お昼は社食で食べているのでお昼代だけは、平日は毎日お金を使っていますが、それ以外は基本何にもお金を使わないようにしています。 飲み物は水筒を持っていけばいいし、朝も夜も家で自炊をするのでお金はかかりません。 スーパーやドラッグストアで、まとめて食材や2Lペットボトルを買っておくことで、月ごとの出費でみるとかなり節約することができるのです。特に、ドラッグストアで買う2Lペットボトルと、毎日自販機で買う150mlのペットボトルの値段を比較してみると、すごい差がでてくるので水筒はおすすめです。

そんなふうに極力無駄なお金を使わないように過ごしていくと、土日にどこかへでかけるのでお金を使いますが、基本的には平日はお金を使わなくなります。 それだけで、地味に貯金が増えていくのです。

ちなみに、お金を使わないだけじゃなく、水道光熱費もうまくすればすごく安くなります。 シャワーヘッドを節水用シャワーにとりかえたり、水道の蛇口から出る水の量を少なくなるように調節したり、それだけでもだいぶ変わってきます。

ちりも積もれば山となる! 意外とネットに書いてある節約術もおもしろかったりするので、これからも自分の目標のために節約術を勉強しつつ、ストレスなく効率的に貯金できるようがんばります!

【関連記事】 locallife.hatenablog.jp

locallife.hatenablog.jp

結婚したら戦力外!?世帯年収じゃなくて女性個人の給料の話をしているの

お金と通帳と電卓

独身なら対等だけど結婚したら戦力外?

最近ひさしぶりに東京で大学時代の同期に会いました。 私は理系だったのでまわりも男性が多かったのですが、そこで仕事や結婚の話をしたときに、イラッとしたことがあったのです。

地方だということはあるのですが、うちの会社は給料がすごく低いです。 東京でベンチャーで働いていた時よりも手取りで10万円は下がってます。

結婚して旦那の給料があるので、現状の生活には支障はきたさないですが、将来を考えると非常に不安だし、自分の能力の価値がこれだけと言われているようで非常に不満でもあります。 それを愚痴ったときに、同期の男性に言われた言葉が「もう結婚してるんだし、別に稼げなくても良くない?」の一言。

は?

なにそれ、結婚する前は普通に同じ立場としてどのくらい稼いでるとか残業がどうとか仕事がどうとか話してたのに、結婚した瞬間にいきなり戦力外通告?なにそれ?

そりゃ昔は女性は専業主婦がメインで、家庭のサポートに回っていたけど、いまは共働きじゃないと生きていけない時代だし、そもそも女性だって性別関係なく対等に働く時代になってるんじゃないの?

大手に勤めてて、20代でも1000万円近く稼ぐような相手だからそう言われたかのかもしれませんが、女性からすると非常に不愉快。

今までと変わったところは結婚したことだけ(地方に引っ越したというのもあるけど)。それなのに、結婚する前と後でこうも相手の見方が変わるものなのか!!

なんだか急に世の中の女性に対する見方にイラッとしてきたので、私の意見を聞いてください。

【スポンサーリンク】

女性の給料が低いってイメージがもう古い

確かに、女性の平均年収は低いと思いますよ。でもそれは、子供がいてフルタイムで働けない人も多いから。フェーズとして、そういう働き方をしている人が多いから当たり前なんじゃないでしょうか。 そもそも、男女で比較をするなら同じフルタイムの仕事で比較すべきだし、そうしたら実はあまりかわらないのでは?

もちろん、事務のお仕事は男性よりも女性の方が得意ということもあり、事務のお給料は低いことが多いです。 コンサルのような激務の仕事に耐えられるのも、体力的には男性の方が上だと思います。 職種の適性としては、フルタイムで比較しても多少女性の方が給料が低いのかもしれません。 でも、今ほど極端に「女性は給料が低い」という印象はなくなるでしょう。

少なくとも、私自身は男性と同じお給料をもらっています。うちの会社はそもそも男性も給料が低いので愚痴りたくなるわけなのですが…それは、まあおいといて。

なにがイラッとするかというと、結婚するとどうしても世帯年収で話を進める人が多いことにイラッとするんです。

給料が低くても、世帯年収でこれだけ稼いでるからいいじゃん、みたいな?

は?今は、私の話をしているの

結局、生活できればいいっていう慰めですよね。例えば自分が年収200万円しか稼げないとして、世帯年収で500万稼げてればいいの?本当に?

世帯年収が高ければ、個人の年収が低くても生活できるからいいじゃんというのは、世の中の怠慢だと思う。 だって、資産だって、結婚しててもそれぞれの名義ごとに区別されちゃう世の中なのに、なんで給料だけは世帯年収で考えるの? 1人あたりの年収でどうして話をしないの?

どうして結婚すると、1人の社会人としてみてもらえないの?

何度でも声を大にしていいます。

おかしいだろ

給料に、結婚してるかなんて関係ない

人口の半分が結婚しない世の中になろうとしてるこのご時世、世帯年収なんか関係ない。 ましてや、女だから稼げなくてもいいじゃなんておかしいですよね。

女だって、男だって、稼ぎたい人が稼げない世の中はおかしい。 少なくとも、能力分の給料がもらえないのはおかしい。

社長なのか人事なのかわかりませんが、従業員の世帯年収に甘えず、ちゃんと1人の人間として十分な給料を払えているのか、ちゃんと考えてください。

あなたは本当に、その人と同じ仕事をして同じ給料をもらったときに、満足できるのですか?

そこでYESと答えられない人の給料は、少なくとも上げなきゃいけない金額ということです。

甘えるな、すべての会社!!!

【関連記事】 locallife.hatenablog.jp

働き方改革は誰のため?電通の事例から考える働く際に求めるものの違い

仕事風景

働き方改革は誰のためにするのか

電通の一件から一気にスピードが上がった働き方改革。 ワークライフバランスや同一労働同一賃金、残業禁止など、様々なキーワードが飛び交っています。 その中で、毎日残業で終電まで働いてた人たちが、働き方改革だといっていつもよりも早く帰るよう命じられているようです。

世間体があるから、上層部は早く帰れとしか言えない。 とはいえ、現場としても「やったー!早く帰れる!」なんて単純に喜んでもいられません。 今までただグダグダ仕事をしてたわけでもないので、作業時間をいきなり減らすためにはどうしてもクオリティを下げるしかないそうです。 もちろん、時間をかけて業務の見直しをして、自動化できるところを探したりすれば最終的には時間も短縮できるのでしょうが、世間は待ってくれません。いますぐ時間を短縮するためには、自分が抱えてる案件のクオリティを下げるか、帰社後に別の場所で作業をするいわゆるサービス残業しかありません。

早く帰れと上から圧力をかけられる上に、どこかで作業しても残業代がもらえない。それならば、それなりのクオリティで納期に間に合わせるしかないとなかばあきらめる人もいます。一方で、そのクオリティでは納得できないというプライドを持った方達は、サービス残業だろうとなんだろうと自分の案件に責任を持って他の人の作業まで代わりにその仕事をこなし、なんとかクオリティを保とうとするようです。

諦めてしまった人も、別に諦めたくて諦めているわけではないでしょう。逆に、クオリティを保とうとする人も、本来ならもっと別のことに使えた時間があるはずなのに、本位ではない仕事もしなければいけなくなります。

これ、結局みんな不幸になってる気がするのですが、働き方改革ってそもそも誰のためにやってるんですかね?

【スポンサーリンク】

仕事に求めるものはみんなそれぞれ違う

就活や転職活動をする際によくでてくる話ですが、あなたは仕事に何を求めますか?

  • お給料は高くなくてものんびり仕事ができるならそれでいい
  • どんなに激務でもいいからお金を稼ぎたい
  • 自分の能力を最大限に活かせる仕事がしたい
  • 困ってる人を助けたい
  • 定時で帰って趣味についやせる時間を増やしたい

他にもたくさんあるでしょうが、求めるものってみんなちがうんですよね。 今話題の働き方改革は、プライベートを充実させたいと思っている人向けな気がします。

その場合、激務でもいいから若いうちにバリバリ稼いで早期リタイヤを計画してる人とか、勤務時間が長くなってでもクオリティの高い仕事をしたい人とか、単純に仕事が楽しくて趣味みたいになってる人とかはどうなるのでしょうか?

今の流れのまま働き方改革を進めていくと、少なくともその人達にとってはより悪い方向へ進んでいくのではないかと少し心配になります。

私はどちらかというと早く帰りたいし、なんなら週3くらいで働いていたい派なのでウェルカムなのですが、私の知り合いにはそうではない人たちもたくさんいます。

自分が誇れる仕事をしたいのに、制度が悪くなって自由に仕事ができなくなる人もいるんです。 働き方改革として制度を改正するなら、もちろん弱者を守れるようにする必要はありますが、みんな求めるものが違うという事実もしっかり認識した上で決めていってほしいですよね。

偏見をなくせばそれだけで働い方改革になるのでは

制度を改めることはもちろん大事ですが、どちらかというと偏見をなくせばそれだけでいいんじゃないかとも思います。

例えば、昔は残業すればするほどやる気があるとみなされたそうですが、いまは残業しようとしまいと、仕事のクオリティが高ければそれだけで評価してもらえるようになってきましたよね。

それと同じで、時間の概念をはずし、時短だろうと残業しまくろうと、成果物によって評価するようにすればいいんじゃないでしょうか? どちらかというと外資系の企業に近いのかな。成果報酬になってしまうかもしれませんが、結局はそれが一番いい気もします。

同一労働同一賃金も、結局はそういうことになるんじゃないかと思います。 単純に、同じ業務をやっているからといって、同じ給料がもらえるようにするだけじゃ、やっぱり不公平ですよね。 能力のある人や、他の人よりも工夫して頑張っている人など、差別化されている人にはそれ相応の賃金にすべきではないでしょうか。

ただし、その評価はいわゆる時間の概念ではなく、やっぱり成果物。成果物さえ見ていれば、長く働かせようという考えには少なくともならないでしょうし、働きたい人は高いクオリティのまま好きなだけ働き続ければ良いと思います。

皆さんはどう思いますか? どんな世の中になれば、うれしいですか?

都会と地方はどっちの方が住みやすい?実際住んで感じたそれぞれの違い

電車が通る田舎の景色

浜松は地方都市なので、そこまで田舎ではない

東京で生まれ東京で育ち、ずっと都会で過ごしてきました。結婚を機に何の関わりもない浜松へ引っ越してから、もうすぐ一年が経ちます。

引っ越したばかりの頃は、友達にも会えないし、知ってる人がいないし、何をしていいかもわからなかったので、すごく寂しかったのですが、一年経つと意外と知り合いは増えてくるもの。 しかも、友達が結婚ラッシュなこともあり、なんだかんだ毎月のように東京には帰るので、寂しさはそこまでなくなりました。

浜松でも、会社に勤めたり、プライベートであるコミュニティに参加してみたりと、いろいろとやることも増えてきました。今は、穏やかに暮らす日々が続いています。

普通に暮らせるようになり、他者との関わりもある程度でてきた今、改めて都会と地方の違いについて、悩むことも増えてきた気がします。

浜松はいわゆる地方都市です。山の方に行くと田舎ではありますが、東京でいう23区外のような、都会と田舎をあわせもつ適度な都市だったりします。 田舎よりは断然住みやすく、東京で田舎暮らしをしたいと言っている人にはオススメです。

買い物をする場所は、残念ながらイオンモールとかしかないですが、自然がいっぱいなので、アウトドアなどの趣味を持つ人には楽しい場所だと思います!

そんな浜松に一年住んでみて、感じたことをまとめてみようと思います。

【スポンサーリンク】

都会と地方のメリット・デメリット

都会で育ちましたが、実は住んでいた時はあんまり東京が好きではありませんでした。 だって、人が多すぎてどこもものすごく混んでるし、電車のホームでもぶつかってくる人ばかりだし、ドライなところが良いという人もいますが、裏を返せば他人のことを考えない冷たい人も多いです。 電車の交通費も高いし、どこかの入場料なんかも高い。 何もするにもお金がかかるし、みんな疲れ切った顔で電車に乗ってるところを見ると、本当に人としての大切なものが失われてる気がしていました。

だからこそ、東京に住んでいたときは、地方で暮らしたいと思っていたのです。国内旅行も好きで、田舎ののんびりした風景に心を癒されてました。 実際浜松に住んでみても、穏やかな人が多いし、イオンモールとかデパートに行かなければ混んでいるところはほとんどありません。 公園も多いし、のんびりお散歩したり、子育てしたりにはとても良い環境です。東京で子育てできる気はしないですし、子供のためには浜松みたいな環境で育てた方が良いのではとも思います。

でも一年経つ今、東京の方が良かったなと思うことも多いです。

まず、今一番感じる不満としては、いろいろとレベルが低いこと。東京には日本中から人が集まってくることもあり、レベルが高い人が多いです。仕事だって、一生かなわないと思うような尊敬する人がまわりにごろごろいます。プライベートでも、アマチュアだってそこらのプロよりレベルが高い人たちも多いです。そんな環境にいると、自分のレベルも必然的に上がっていきます。自分のレベルを高めるための努力はもちろん必要なので、それがつらくなることも多いですが、まだ若いのでもっと高みを目指したい気持ちもあります。

それが浜松にきてみると、なんとも言えないレベルの低さ。いや、低いというか、高くないといったかんじ。もちろん高い人もいるのでしょうが、1割もいないんじゃないかな? 仕事をしていても、東京なら1週間でやる仕事を、こちらでは1,2ヶ月かかります。即レスするような内容も、回答まで1週間かかったりします。プライベートでも、レベルの高いアマチュアがいない。まだ一年なので探せば実はいるのかもしれないですが、浜松自体そんなに広くもないので、おそらくいても1%に満たないでしょう。

東京から引っ越してきたばかりの頃は、都会の喧騒に疲れていたのもあり、のんびりできていいなくらいにしか思ってなかったのですが、感覚的にはすでに老後!ぬるま湯に浸かっているかのようです。 海外赴任したり、TEDにでたりとグローバルに活躍する知り合いもいますし、当たり前のようにレベルの高い会社や団体に所属している友達も多いです。もともと東京ではそちら側に自分もいたこともあり、このままでいいのかな?と、取り残されていく感じに焦ります。のんびり過ごしたい人には浜松はとてもオススメですが、高みを目指したい人はやっぱり東京にいくしかない気がします。

他にも、考え方の古さにカルチャーショックを受けています。高齢化だからなのかな?概念が10年前とまったく変わっていない気がします。 仕事でも、人間関係でも、昔はそうだったよねと話すような文化がそのまま残っていて、正直めんどくさいことも多いです。 東京は新しいものをどんどんとりいれるし、まわりとも基本的にはドライな関係なので、まさに正反対!

若者がどんどん東京に流れていって、全然戻ってこないと困ってますが、これじゃ20代がちょっと息苦しいと感じるのもわかります。 古い考えをもつ人が強い権力をもっているので、若者には変えられない。だからといって諦めている中堅と、それに我慢できずに出て行く若者というのが、地方から東京に人が流れて行く原因なんじゃないのでしょうか?

結局は育った場所が一番住みやすい

私は東京で育ってきたので、どうしても東京のほうが住みやすいと思ってしまいます。それはやっぱり、文化や風土が体に染み付いているから。どこにいっても、なんとなく身の振り方がわかるので、あまり負担にならないのです。 でも逆に、地方で育った人は、東京では大変なことも多いと思います。それは、東京の文化が体に染み付いていないから。 結局、育った場所が一番住みやすいんだと思います。

東京育ちが田舎暮らしに憧れたけど、住んでみたら挫折したという話も多いですよね。上京したけど、都会が怖いから帰ってきたという人も多いでしょう。性格や気質にもよるかもしれませんが、基本的には生まれ育った場所が一番住みやすいのではないでしょうか。

これからも浜松で生きて行くのか、いつか東京に戻るのかはわかりませんが、働き方がどんどん変わり始めているので、東京と浜松両方で生活するようになったりするといいなと思ってます。 そのためにも、副業とか在宅勤務とか、諸々制度変えて欲しい。

早く制度変われ!特に浜松!